暗号通貨のLISKってなに?特徴や歴史、将来性を解説するよ

イーサリアムの自動契約等をプログラムできるスマートコントラクトという機能は有名ですが、LISKもこの機能を備えている暗号通貨です。

ただ、イーサリアムは取引記録のデータであるブロックチェーンにプログラムしますが、LISKはもう1つのブロックチェーンを用意してあり、そこにプログラムするようですよ。

暗号通貨のLISKってなに?特徴や歴史、将来性を解説するよ

暗号通貨LISKは、スマートコントラクトをサイドチェーンと呼ばれるもう1つのブロックチェーンに記述するような仕様になっています。

そしてプログラム言語は、よく使われているジャバスクリプトですから、多くの人が苦もなく書けると言われていますね。

そして、ブロックチェーンの承認方法を開発者が自由に変更できるのもLISKの特徴でしょう。そんなこんなで、LISKは暗号通貨というより、分散型アプリケーションの構築という使い方が主になっているようです。

例えば、暗号通貨の取引所などをブロックチェーン上につくれたりするんですね。

LISKの歴史を紹介するよ

LISKは2016年に生まれた比較的新しい暗号通貨です。元はCryptiという暗号通貨があって、そこからフォークすなわち分岐してできたのがLISKなんですね。

そして開発するための資金は、ICOというインターネット上での資金集めの方法を使って数億円相当を集めたそうですよ。

そして、2016年の中頃にLISKのネットワークが動き始めて、同じく取引所にも上場されて購入できるようになったのでした。

LISKはなぜ人気なの?

LISKの通貨単位はLSKですが、1LSKの価格が比較的安く300円前後です。それで購入しやすく感じるためか人気があるようですね。

また、1年位前でしたら、1LSKが100円以下でしたから、この1年で何倍にも資産家価値が増えた人が多かったようで、それも人気につながったのかも知れません。

それから、LISKは進化している暗号通貨で、バージョンアップ等が頻繁に行われています。また、LISKの開発者が宣伝などを積極的に行い、世に広く知られるように努力している点も人気の理由でしょう。

LISKは何がそんなに凄いのか?

LISKの凄いところは、ブロックチェーン上にプログラムすることで、アプリケーションを稼働できるところですね。これはDAPPS分散型アプリケーションと呼ばれていますが、ジャバスクリプトをプログラム言語にしているので、知っている人ならすぐにプログラムできるところも良いところでしょう。

そして特殊な承認方法をLISKは採用していて、これが今までの方法よりセキュアーなところも凄いです。

それからメインのブロックチェーンとは別にプログラムを書きこむサイドチェーンを備えているのもLISK独特な仕様ですね。

LISKのメリットとデメリットは?

上記のようにLISKはサイドチェーンが使えるため、ブロックチェーン1本の暗号通貨よりフレキシブルな運用ができます。

また、スマートコントラクトを構築するためのプログラムが、ジャバスクリプトなのも多くの人に支持される理由でしょう。

それから、取引の承認が速いのもLISKのメリットです。なにしろ10秒ほどで承認されるそうですよ。

一方でLISKは発行枚数の上限がないので、インフレ暗号通貨などと呼ばれていますね。つまり将来的に価値が下がる恐れがあるというデメリットがあります。

それから特殊な承認方法を採用しているため、一般の人がマイニングできない点もデメリットでしょう。

LISKは比較的新しい暗号通貨ですが、時価総額が10位から20位ですから活発に取引されていると言って良いでしょう。
それからジャバスクリプトでプログラムが書ける人なら、LISKのスマートコントラクトを利用できるのも利点ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA