暗号通貨のモナコインってなに?特徴や歴史、将来性を解説するよ

モナコインは日本製の暗号通貨で、結構使えるところが多いのが特徴です。

また、チップあるいは寄付等も気軽にできるので、人気がありますね。

暗号通貨のモナコインってなに?特徴や歴史、将来性を解説するよ

モナコインは発行枚数が1億枚余りと、暗号通貨の中では発行枚数の多い部類に入ります。これはブロックチェーンの更新スピードが速いから可能だそうで、モナコインの送金等はストレスなくできると言われていますよ。

また、SNSを使って手軽にモナコインを投げ銭や寄付できるのも特徴的です。そして、モナコインは使い道が多いんです。

例えば実店舗で買い物や食事などの支払いに使えたり、ネットショップでもモナコイン決済できるところもありますよ。

それからコミュニティが盛況で、色んな情報が飛び交っています。

モナコインの歴史を紹介するよ

モナコインが生まれたのは2014年のことで、暗号通貨としては古いと言えます。

通貨単位はMONAで生まれた当初の価格は1MONAが2円から3円位とされていますが、この年の夏に暴騰して70円台をつけました。しかし、下がるのも速く2015年の半ばにかけては、元に戻り落ち着いていましたね。

その後2015年の後半に10円から20円と価格上昇するも、2016年から2017年の春ころまでは、なだらかに下がっていました。ところが2017年の暗号通貨の暴騰にモナコインもついていって、数百円の高値を付けるに至りましたね。

それから、今では大手の取引所や販売所が扱っているので取引が容易です。

モナコインはなぜ人気なの?

モナコインは日本の巨大掲示板が発祥の地といわれています、それで、気に入った書き込みなどをした人に気軽に投げ銭できるように設計されているそうですね。

 

なにしろSNSのアカウントを持っていれば、本当に簡単にモナコインのやり取りができるんですね。こんなところが人気の秘密なのでしょう。

 

それから、日本発だけあって日本の実店舗やネットショップで、モナコインが使えるところの多いのも人気の理由でしょう。それに送金の承認が速くて手数料も安いので、便利に使っている人が増えているそうですよ。

モナコインは何がそんなに凄いのか?

モナコインはブロックチェーンの更新が、約1分半といわれていて承認スピードの速さが凄いところです、これによってモナコインでの支払いが実用的になっているんですね。

それから、暗号通貨を買い物などに使う時には、プラットフォームが必要になるんです。モナコインの場合は、決済用のプラットフォームが各種あって好きものを選べるのも凄いですね。

また、巨大掲示板発のモナコインですから、コミュニティ活動が盛んなのも特徴的です。

モナコインのメリットとデメリットは?

モナコインのメリットは、上記のSNSによるやり取りができるように、簡単にあげたりもらったりできるところでしょう。そして使い道が色々あって、使えるショップが増えていると言うのもいいですね。

それから日本製の暗号通貨でコミュニティも盛んなので、モナコイン関係の日本語による情報が手に入れやすいのもメリットです。

一方モナコインの海外での知名度が低いのは、隠れたデメリットです。日本だけで使っている分には関係ないと思われますが、暗号通貨は国境を意識しないで使うのが本筋ですから、世界中で使えるようになってもらいたいものですね。

モナコインは、最初オタクの暗号通貨として生まれたんですね。

しかし使う人が増えてきて、モナコイン払いできるショップなども増えてきますと、本来の暗号通貨として使われるようになりました。

投資目的で扱われる暗号通貨の多い中で、決済通貨として使えるモナコインは珍しい存在と言えるかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA