暗号通貨のビットコインってなに?特徴や歴史、将来性を解説するよ

暗号通貨はブロックチェーンと言う、取引記録を順につなげた電子データを不特定多数が分散管理しているんです。

ところがブロックチェーンの信頼性をどのように確立するかが長い間できなかったんですね。

暗号通貨のビットコインってなに?特徴や歴史、将来性を解説するよ

そこで出てきたのが、正体不明のSatoshi Nakamoto氏なんです。

この人は2008年に暗号通貨に関するペーパーをインターネット上に発表しました。これには分散管理されるブロックチェーンの信頼性を確立するアイデアが書いてあるんですね。

そして、このペーパーの理論を元に作られたのがビットコインな訳です。その後は確実に価格を上げてきて、今は1BTCが100万円位していますね。

またビットコインは仮想通貨の中で最大の時価総額で、しばらくは暗号通貨のトップの座を譲ることはないように見えます。

ビットコインの歴史を紹介するよ

さて、Satoshi Nakamoto氏のペーパーによって、それに興味を持った人々が世界初の暗号通貨を作ったのが2009年なんです。

最初の頃のビットコインは、やり取りがあったようですが余り価値がなかったようですね。

最初にビットコインが通貨として使われたのは2010年でした。その人はピザ1枚を1万BTCで買ったそうです。これは今の時価ですと100億円くらいですね。

その後は価格も上がってきたのですが、2014年にある取引所がハッカーにビットコインを盗まれて、結局破綻するという事件があったりしました。

これで一時はビットコインの取引が下火になったこともありましたが、2017年になって大幅な値上がりを記録するに至っています。

ビットコインはなぜ人気なの?

ビットコインの人気は、長期的に値上がり基調が続いているからでしょう。そして扱っている取引所などが多く、取引量も十分あり流動性に不安が少ないところも指摘できます。

その他には、他の暗号通貨との交換が容易にできるところ、それからビットコインで商品などを買えるショップが増えていることなども人気の理由でしょう。

なにしろビットコインは、暗号通貨の中の基軸通貨の役目を事実上しているので、需要が多いようですね。

ビットコインは何故凄いのか?

ビットコインの凄いところは、世界で最初に分散型管理のブロックチェーンの信頼性を確立したところでしょう。これは、プルーフ オブ ワーク略してPoWという方法を使っていますね。

ブロックチェーンは、一定時間内の取引記録したブロックを鎖のようにつないだものです。

PoWとは、最後のブロックが加わった時に、不特定多数のコンピューターの計算力を使ってブロックの改竄を事実上不可能にする仕組みのことです。

これは巧妙に出来ているので、ブロックチェーンを改ざんしようとすると、天文学的な計算時間がかかります。それで事実上改ざんできなくて、信頼性を担保しているわけです。

ビットコインのメリットとデメリットは?

ビットコインは今でこそ最高値の50パーセント付近にありますが、それでも1年前より高いのです。やはり値上がりが期待できるところは大きなメリットでしょう。

他には使い道が多いところや取引が容易なのも良いですね。

一方で、世界初の暗号通貨なので、設計が古くて使いにくい面があるのがデメリットです。

また、PoWによるブロックチェーンの承認には多くの電力消費する点を無駄だと指摘する人もいますね。ただし、改良は加えられているので、まだまだ人気は衰えないと思われます。

ビットコインは、分散型管理のブロックチェーンをPoWによる承認で信頼できるものにしたところが凄いです。
そして、このブロックチェーンは暗号通貨以外にも使い道が色々あるところも傑出していますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA