仮想通貨はどこで買えるの?

仮想通貨を買うには取引所あるいは販売所を利用するのが一般的です。

そして現在使われている取引所や販売所は中央集権型がほとんどですが、徐々に分散型取引所が開設されつつありますね。

仮想通貨はどこで買えるの?

仮想通貨を全く持っていない状況で仮想通貨を買うには、日本円などの法定通貨と仮想通貨を交換することで手に入れられますね。この法定通貨を仮想通貨に交換する場所は、取引所か販売所になります。

取引所は仮想通貨を売りたい人と買いたい人を出会わせるところで、そのフラットフォームを提供する代わりに取引が成立すると手数料を徴収します。

一方販売所は、業者が顧客に直接仮想通貨を売ったり買い取ったりするところですよ。そして販売所は手数料を無料にしているところが多いのだが、売値と買値のスプレッドがあるね。

スプレッドというのは、業者が提示する仮想通貨の売値と買値のこと、あるいは両者の差のことなんだよ。

そして顧客が仮想通貨を買う時には高く、売る時には安くというようにしてあるんだ。だから、スプレッドが手数料とも言えます。

仮想通貨取引に必要なものはなに?

仮想通貨を取引所や販売所で取引するには、そこのアカウントを取得しますね。

その時に必要なのは本人確認の書類、これは免許証なんかよく使われるよ。

それから取引するためのインターネットにつながっているパソコンやスマホ、携帯認証しているところならショートメッセージが使えるスマホなどもいるかもしれない。

そしてアカウントができたら、仮想通貨を買うための日本円などの法定通貨が絶対必要ですね。後は日本円などを入金すれば取引ができるようになるよ。

仮想通貨取引はすぐ始められるの?

上記のように日本円などの法定通貨を入金して、それが自分のアカウントに反映されればすぐに取引できるようになるね。

もし仮想通貨を持っているのなら、パソコン内などのウォレットから取引所などの自分のアカウントのウォレットへ送付しても取引できるよ。

それから一部の取引所や販売所は、クレジットカードで仮想通貨を買えます。

この場合は日本円などの入金の手間が省けて便利だね。

だけどクレジットカードで買った仮想通貨は、すぐに売れないことが多いから、取引所などの規約をよく読んでからにするといいですよ。

ビットコインの手数料が安い取引所はどこ?

取引所でビットコインを売買すると手数料がかかるけど、大体高くて0.15パーセントくらいまでです。ところで今のところビットコインの手数料がマイナスの取引所があるんだね。

それはZaifで、ビットコインを取引するとマイナス0.05パーセントからマイナス0.01パーセントがもらえるよ。

もう1つは条件付きだけどbitbank.ccもマイナス手数料を導入しているね。

販売所に関しては、手数料が無料のところがほとんどだけど、上記のようにスプレッドがあるんだね。

このスプレッドを取引コストあるいは取引手数料としてみると、ビットコインだと数パーセント位になることが多いかな。だから、ビットコインの取引は取引所を使うことです。

仮想通貨ってリスクはないの?

仮想通貨はリスクだらけだといえますね。

なにしろ価格の変動率が半端でないので、儲かる時も損する時もあっという間の事が多いよ。

それから仮想通貨は移動する時にちょっとした間違いで、どこかに行ってしまって二度と返ってこないこともあるんだね。それで世界中には幻の仮想通貨がかなりあると言われています。

それから取引所などを使っている時に、突然サイトにつながらなくなるリスクとか、急な出金停止や仮想通貨の移動停止リスクもありますね。そして課税もリスクだろうと思います。

冒頭でもふれたように分散型取引所が出てきたので、興味ある人は使ってみると良いかもしれません。

法定通貨を使えるところもあるようなので、中央集権型の取引所と遜色ないみたいだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA