仮想通貨の取引所っていったいどういう仕組みなの?

仮想通貨のやり取りは、財布にあたるウォレットを使うのが基本なんですが、僕達個人個人がインターネットで仮想通貨を売りたい人や買いたい人を探すのは至難の業ですよね。

だから、普通は仮想通貨を取引するときは取引所を使うんです。

仮想通貨の取引所って何?

仮想通貨はP2P(peer to peer)という個人間の取引ができるシステムによって取引できるように作られています。

しかし、取引相手を自分で探すのは大変ですから、売り買いをマッチングさせるプラットフォームがあると便利でしょう。

そして、そのようなプラットフォームを提供しているのが取引所な訳ですね。

 

このような取引所は、取引のためのプラットフォームを顧客に提供する代わりに手数料を取るのが一般的です。

それから取引は板と呼ばれる売値と買値の一覧表を見て行うのが普通ですね。

仮想通貨の取引所の取引の仕組み

取引所で使われる板は、上の方に売りたい人の売値と数量が、下の方に買いたい人の買値と数量が出ています。

そして上の方ほど価格が高く、下の方へいくほど安くなるようになっているんです。

つまり仮想通貨を買いたい人は売値を見て、売りたい人は買値を見て取引するのですね。

そのため同時に売買すると高く買って安く売ることになるので、必ず損するようにできているんですよ。

 

なるべく早く売買したい時には、その時点での価格で約定する成り行き注文が良いでしょう。少しでも有利に売買したい時には、指値注文をしますが約定まで時間がかかったり、あるいは約定しないことも珍しくないみたいです。

それから逆指値注文ができる取引所もありますね。

仮想通貨の取引所の特徴と分散式取引所DEX

仮想通貨の取引所は、よく知られている株式や商品先物取引所のような中央集権的なタイプが今は主流ですね。

このような取引所は、仮想通貨が匿名性の高いものにかかわらず本人確認をするんです。

これはどうもマネーロンダリングとかの関係らしいですが、仮想通貨の取引に課税をするのにも使われているんです。

それから2017年から日本の取引所は金融庁に登録するようになっています。

ところで、この頃になって分散式取引所DEXがあらわれてきています。

こちらは仮想通貨のように分散式の取引プラットフォームを提供していて、匿名性が高く事実上当局の管理を受けないのが特徴ですね。

DEXはこれからの取引所のスタイルですから、将来に期待したいものです。

仮想通貨の取引所のメリット

取引所に対して販売所というのもありますが、取引所の特徴は販売所より手数料が安いところでしょう。

それから、販売所より有利な価格で売買できることが多いと言われていますね。

 

また信用取引あるいは先物取引のような証拠金取引ができる取引所もあります。

 

証拠金取引は少ない資金で大きな取引が可能ですから、場合によっては大きな利益を期待できるでしょう。

また、分散型取引所については、自分が管理している仮想通貨を直接交換できる点が利点ですね。

 

これで中央集権型の取引所のようにハッキングされて仮想通貨をなくす恐れがないですし、取引所の破綻リスクもなくなります。

仮想通貨の取引所のデメリットは?

日本の中央集権型の取引所は数が少ないですね。そして扱っている仮想通貨の種類も少ないのがデメリットでしょう。

 

一方で海外の中央集権型取引所は、扱っている仮想通貨の種類が多いところもありますが、日本語対応していないところがちょっといただけないですね。実は一部の海外取引所ではサイトの日本語化をしていたのですが、日本の金融庁の横槍が入ってなくしてしまったのでした。

それから流通量が少ない仮想通貨ですと、売値と買値が大きく開いていたり、売買が成立するまで時間がかかったりするようですよ。

 

これからの取引所は、中央集権型と分散型の棲み分けがどうなるかが興味があるところですね。

もし分散型取引所が主流になれば、今ある中央集権型取引所の将来は暗いでしょう。そして取引に対する課税も難しくなるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA