デジタル通貨のSttella(ステラ)ってなに?特徴や歴史、将来性を解説するよ

リップルというデジタル通貨があって、銀行間の決済に使われるネットワークを構築しています。

Sttellaは、このリップルを模範として作られたデジタル通貨で、個人が法定通貨やデジタル通貨を送金する時に、安価に使えるネットワークを提供するプロジェクトです。

デジタル通貨のSttella(ステラ)ってなに?特徴や歴史、将来性を解説するよ

Sttellaは2014年に生まれたデジタル通貨で、通貨記号はXLMです。

ところで、銀行を使って送金をすると、特に国際送金は手数料が高く遅いのが特徴です。それから日本では誰でも銀行口座が開けますが、途上国などではスマホは持っていても銀行口座はない人も多いそうです。こんな状況では送金するにしても多大な努力が必要になりますね。

そんなところに目をつけたのがSttellaプロジェクトで、個人が安い手数料でなおかつ短い時間で国際送金ができるようになります。

そして利用者個人の認証には、実名登録のSNSを利用しているんですよ。これで今まで高い手数料を払ったり、複雑で危険な送金方法を選択していた人々が、低コストで少額から送金できるようになりますね。

Sttella(ステラ)の歴史を紹介するよ

Sttellaは非営利団体が開発しているデジタル通貨で、団体の情報公開が進んでいて透明性が高いのが特徴です。発行枚数は年々増えるように設計されていて、これは価格変動を抑える効果があるとされていますね。

そんなことで、2017年以前の価格は、1XLMが0.2円から0.3円と安定していました。しかし、2017年のデジタル通貨の急激な価格上昇の波がSttellaにもやってきて値上がりしたんですね。

2017年は5月くらいに1つの山があったのだけど、ここでは1XLMが6円と、それまでの20倍から30倍になりました。そして2018年の1月には1XLMが100円を超える場面もあったんです。

それからは下落基調ですが、それでも直近の価格は1XML40円前後と、以前とは比べ物にならない価格で推移しています。

Sttella(ステラ)はなぜ人気なの?

Sttellaの人気は、やはり低コストで世界中どこでもほぼリアルタイムで送金できるところでしょうね。それが証拠に、すでにSttellaに登録されたアカウントが数百万と言われていますよ。

このように利用しやすい決済方法を提供しているので、知名度が上がるに従って利用者も増えると予測されています。

それから信頼性ですが、こちらも独自の承認システムを開発して使用していますので、十分信用できるところも人気の理由でしょう。

Sttella(ステラ)は何がそんなに凄いのか?

Sttellaのようなネットワークは、外部から攻撃されるのが常です。

それに対するSttellaの対策は、アカウントにXLMの最低残高を設定している事と取引ごとに手数料を徴収することです。これで不正なアクセスを大幅に減らせることができるそうです。

また、XLMは複数のデジタル通貨との取引が容易にできるように設計されています。デジタル通貨は、取引所などを利用しないと交換するのが面倒なのですが、XLMなら取引所で交換できないマイナーなデジタル通貨とも交換可能だそうです。

Sttella(ステラ)のメリットとデメリットは?

Sttellaのネットワークは、個人だけでなく企業やグループでも利用できるメリットがあります。すでにヨーロッパやアフリカでは、Sttellaを利用して送金業務を行っているところがあるそうですね。

また、アフリカのようなスマホが普及していて、それによる送金が活発なところでは、Sttellaの利用で絶大な変化があったと言われています。

比較的安定していたXLMですが、2017年の暴騰で少し使いづらくなったのはデメリットでしょう。また、日本では購入できるところが、ほとんどないのもデメリットです。

日本のような国際送金をすることの少ない国では、Sttellaのようなネットワークはあまり注目されないようです。
しかし、国際送金が活発な国々では、Sttellaのネットワークは重宝されるそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA