FXの損失と仮想通貨の利益の税金は相殺できるのか解説

FX取引で出してしまった損失と、仮想通貨取引で獲得した利益の税金は相殺可能なのでしょうか?

確定申告をするにあたって、気になっている方や、相殺可能かどうかを確認したうえで仮想通貨取引を始めたいと思っている方もいるでしょう。

 

損失と利益を相殺できれば節税効果を得ることができますので、相殺可能であってほしいと願う方は多いはずです。

今回はこの点について、実際のところどうなのかを解説します。

仮想通貨の利益は雑所得で累進課税

雑所得は所得税で税金が課されるモノのうち、事業や給与、不動産、利子や配当などほかの何にも該当しない所得をいいます。

累進課税というのは、所得が多いほど高い税率が適用される課税です。

雑所得は確定申告をして税金を納めなければいけない決まりになっており、この義務を果たさなければDVDレンタルの延滞金のような形で別途税金の支払いをしなければいけなくなったり、脱税という罪で罰金の支払いや懲役刑を言い渡されたりする原因になります。

よく20万円を超えなければ確定申告は不要といわれていますが、この話が通用するのは所得税だけで、住民税の申告は別途する必要があるため注意しなければいけません。

仮想通貨の損失と損益通算

仮想通貨の取引の結果、収支がマイナスになってしまった場合、税金の面では非常に不利になってしまいます。

たとえば、1月1日~12月31日までの1年間で給与所得がプラス200万円あった方で、事業所得がマイナス100万円あった方がいるとしましょう。

この場合、給与所得と事業所得を相殺=損益通算することにより、課税されるのはプラス100万円に対してのみとなります。

これに対し、1月1日~12月31日までの1年間で給与所得がプラス200万円、仮想通貨取引による雑所得がマイナス100万円あった方がいるとしましょう。

この場合は、給与所得と雑所得を相殺することが不可能なルールがあるため、200万円に対して課税されることになるのです。

FX取引と仮想通貨取引の相殺可否

今回、一番重要な部分となりますが、FX取引の損益と仮想通貨取引の損益の通算は不可能です。

たとえば、FX取引で1月1日~12月31日までの1年間で収支がマイナス100万円、仮想通貨取引で年間100万円のプラスが出た方がいるとしましょう。

マイナスの100万円とプラスの100万円を相殺できれば、税金は0円となりますが、雑所得は損益通算ができないため仮想通貨取引で出した100万円のプラスに対して課税されます。

反対にFX取引で年間の収支がプラス100万円、仮想通貨取引で年間の収支がマイナス100万円のケースでも、相殺はできない決まりになっているのでFX取引で獲得した100万円の利益に対して課税されることになるのです。

これは仮想通貨取引と同じく、FXで獲得した利益も雑所得として扱われることになるのが理由となっています。

仮想通貨の損失は翌年以降に繰り越せるのか

仮想通貨取引のやっかいなところは、損益通算が不可能な点だけではありません。

1月1日~12月31日までの1年間で、仮想通貨取引による収支がマイナスになった場合、翌年以降への繰り越しは不可能な決まりになっているのです。

一例として、前年の損失が100万円、今年の利益が300万円あったとすると、損失の繰り越しが可能であれば今年の利益の300万円と前年の損失の100万円が相殺されて、今年の課税対象は200万円となります。

しかし損失の繰り越しが不可能な場合は、前年の損失である100万円との相殺ができず、今年の利益である300万円が丸々課税対象になってしまうのです。

雑所得に対して特別控除はあるのか

青色申告の形で確定申告を行なうと、事業所得や不動産所得は青色申告特別控除の対象であり、経費でないのに利益からマイナスしてくれる優遇制度を利用することが可能です。

また、特別控除は譲渡所得や一時所得にも適用されるもので、金額は50万円です。

これに対して、雑所得にもこのような特別控除が適用されるのか、気になるという方もいるでしょう。残念なことに雑所得に対して特別控除は適用されることはなく、全額が課税対象となってしまうのです。

仮想通貨の利益として獲得した雑所得は、税金の面で非常に不利になってしまうことがご理解いただけたのではないでしょうか。

それでもやっぱり魅力的な仮想通貨取引

税金面では損益通算ができず、繰り越しもできないため不利になってしまいますが、大儲けできる可能性がある仮想通貨取引は多くの方が参加しています。

はじめは1円に満たない銘柄でも、将来的に何十倍、何百倍と価格が上がれば、数千万円や億単位の利益を獲得することが可能です。

これだけの儲けが出れば、損益通算ができないことなどはまったく気にならないでしょう。

たとえば1月1日~12月31日までの1年間で、仮想通貨で1億円儲かりそのお金をFXに全部投じた結果、1億円の全てを失ってしまったということは避けましょう。

おさらいになりますが、FXの損失と仮想通貨の利益は損益通算ができないため、1億円に対して課税されることになります。

FXで1億円すべてを溶かしてしまえば、税金を払えずに破産ということにもなりかねないため注意が必要です。

FX取引で出た損失と仮想通貨取引で得た利益の税金は相殺できません。

このことを今知っておけば相殺できると勘違いしていた結果、多額の税金支払いで頭を抱えてしまうような失敗は防げるでしょう。

なお仮想通貨は利益を確定するまで課税されないため、税金の支払いを逃れたければいっさい手放すことなく保有し続けておくのも良い手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です