そもそも仮想通貨のコンセンサス・アルゴリズムってなに?

分散型管理の仮想通貨は、取引の不正を防ぐために、銀行のような信頼できる中央集権的な機関を使えません。

その代わりに、コンピューターの計算力を使って事実上不正ができない方法を編み出していて、その方法のことをコンセンサスアルゴリズムというんですよ。

そもそも仮想通貨のコンセンサス・アルゴリズムってなに?

仮想通貨はブロックチェーンと言う取引記録のデジタルデータが唯一の拠り所になっています。ここにはブロックと呼ばれる一定期間内の取引を記録したデータが、鎖のように1列につながっているんですね。

ただブロックに取引記録を記憶させただけでは、簡単に不正することができます。そこで考えだされたのが、ハッシュ関数というものを使ってブロックにある仕掛けをすることなんです。この仕掛けには時間のかかる計算が必要で、一旦計算によってある定められた数値が見つかるとブロックを改竄するのが事実上できなくなるんですよ。

このような仕掛けをするには色々な方法があるんですが、その方法全般をコンセンサスアルゴリズムと言いますね。

仮想通貨のコンセンサス・アルゴリズムってどういう違いがあるの?

上記のブロックに仕掛けをすることをマイニングと呼ぶことがあります。これは誰でもできる場合もあれば、特定の人しかできないこともあります。いずれにしてもマイニングすると報酬がもらえるので、結構いい商売なんですね。

さて、誰でもマイニングできるコンセンサス・アルゴリズムにProof of Work(プルーフオブワーク)があります。そしてマイニングできる人が限られるコンセンサス・アルゴリズムにProof of Stake (プルーフオブステーク)とProof of Importance (プルーフオブインポータンス)があるんですよ。

Proof of Stake (プルーフオブステーク)とは?メリットとデメリットは?採用されている暗号通貨は?

次にあるProof of Work (プルーフオブワーク)は色々と欠点のあるコンセンサス・アルゴリズムです。そこで考えだされたのが、Proof of Stake (プルーフオブステーク)ですね。

こちらは、マイニングしたい仮想通貨を持っている人しか参加できないという制限があります。メリットはマイニング時の電力消費が少ないことですね。

またデメリットかどうかわかりませんが、こちらは持っている仮想通貨が多い人ほどマイニングの報酬が多くなるように設計されています。つまり金持ちほどお金が儲かるわけですね。

Proof of Work (プルーフオブワーク)とは?メリットとデメリットは?採用されている暗号通貨は?

Proof of Work (プルーフオブワーク)は、仮想通貨のマイニングに1番最初に導入されたコンセンサス・アルゴリズムです。こちらはやる気と能力のあるコンピューター、そして電力があれば誰でも参入できます。

メリットは、ブロックに仕掛けをする計算量が多いほど改ざんしにくくなること、そしてマイニングへの参入が自由であることですね。

デメリットは、マイニングに多くの電力を消費すること、すなわち資源の無駄遣いになることです。また、誰でも参入できると言っても、仮想通貨によっては計算能力の高いコンピューターが必要で、かつ安い電力が供給される地域でしか事実上マイニングができないことです。

Proof of Importance (プルーフオブインポータンス)とは?メリットとデメリットは?採用されている暗号通貨は?

Proof of Importance (プルーフオブインポータンス)は、マイニングする人が一定以上の仮想通貨を持っていることに加えて、いかにその仮想通貨を取引しているかも考慮されて報酬が上下します。つまり、仮想通貨を持っているだけでは報酬は増えないわけです。

このコンセンサス・アルゴリズムは、上記の2つの方法のデメリットを克服したものですね。なお、この方法ではマイニングの代わりにハーベストという言葉が使われていますね。

普通の世の中では、人同士などの信頼性で回っている面が大きいでしょう。
しかし、人や会社などの信頼性を利用しなくても不正ができない仕組みがコンセンサスアルゴリズムなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です