生活保護の資産調査において仮想通貨取引所に預けてある資産に調査が及ぶ事はあるのか?

受給している方にとって気になる問題として、生活保護費の資産調査で仮想通貨取引所に預けている資産に調査は及び得るのかというものがあります。

この点についてですが、生活保護費の受給を希望しているまたはすでに受給中であるという方は、変な期待は持たないほうが良いでしょう。ここでまとめている情報を読めば、何ひとつとして良いことはないとわかるはずです。

第一に仮想通貨に頼ることなく困窮している状態を脱出し、そのうえで余剰資金で仮想通貨を始めるのが理想的な形です。

生活保護申請前の仮想通貨保有

生活保護費の受給を申し込むにあたっては、保有している財産を清算する必要があります。

受給の申請時点で仮想通貨を買って保有している状態にあれば、利益または損失を確定して円に換えた状態にして、役所に納入しなければいけません。

受給前の段階にある人は、資産調査がどうのこうのという話の前に、そもそも仮想通貨を保有した状態で生活保護費の受給をスタートすることさえ叶わないのです。

なお、このルールは仮想通貨だけでなく株式にも適用されるものであり、生活保護費の受給申請時に株を持っている人は、換金して役所に納入しなければいけません。

生活保護費受給開始後の仮想通貨保有

生活保護費の受給を申請した結果、希望が叶い、受給が始まったあとに仮想通貨を保有することは可能です。

仮想通貨交換業者で購入する、誰かに貰うなど保有することになったきっかけは何でもかまいません。

ただし注意しなければいけないのが、生活保護費の受給中に保有している仮想通貨を売却することです。

実際に生活保護費の受給中に自分が保有している仮想通貨を売った場合、その収入は不労所得として取り扱われることになります。

利益でも損失でも、売却して得たお金は全額を役所に納入する義務が生じる可能性がある点には気をつけなければいけません。

はっきりしていないこと

自分が生活保護費を受給中に仮想通貨を入手し、保有するのは本人の自由です。

また受給中に売却して得たお金は、全額を役所に納めなければいけなくなる可能性があるというのはわかっていることです。

しかし、生活保護費の受給中に保有している仮想通貨を売ってしまわなかった場合はどうなるのでしょうか。

この点が気になるという方もいるでしょうが、調査時点で生活保護費を受給する生活を脱出したあとに仮想通貨を売却した場合、財産が没収されてしまうのか、没収されないのかははっきりとわかっていません。

仮想通貨で膨大な含み益が出て生活保護をやめたいは通用する?

生活保護費の受給中に保有している仮想通貨を売却した場合、生活保護費に頼ることなく暮らしていけるだけの利益が確定する状態になったとします。

このような場合、含み益があることを理由に生活保護をやめ、そのかわり確定した利益を換金した分は没収しないでほしいという希望が通用するのでしょうか?

この点について、生活保護費を受け取っている方側に決定権はありません。

また、役所としても1ヶ月で13万円程度以上の収入が4ヶ月程度継続するなどの条件をクリアしなければ、生活保護費の支給を廃止する決定を下すことはできません。

仮想通貨の決済目的での保有

仮想通貨は投機や投資の目的での使用だけではなく、決済目的で使用することが可能です。

仮想通貨は常に価格変動しており、入手したときの価格の何倍にも上昇していれば、いろいろな商品やサービスの購入ができるようになります。

上がった金額が大きく保有している仮想通貨の数量も多ければ、生活保護受給者や受給せず仕事をして給与の収入を得ている人などに比べて裕福な生活ぶりにもなるでしょう。

ただ、受給者にこのような生活が認められるはずがないという意見を述べている人もいて、決済目的で使用するのも安全とはいいきれません。

調査で不正が発覚するとどうなる?

調査が及び不正受給がわかってしまうと、発覚の時期が遅いほど不正受給した金額は大きくなり、返金が大変になります。

場合によっては強制執行が発動されることや、詐欺で10年以下の懲役のペナルティを受けることにもなりかねません。

先述したとおり資産は申請時に換金して納めなければいけないため、従わないことは違法行為であり詐欺が成立するほか、発覚すればさかのぼって請求されることになるため、バレるタイミングが遅くなるほど返金が大変になるというわけです。

生活保護費の受給中に入手した仮想通貨が高騰し生活保護廃止とともに売却した場合、財産が没収されるかどうかは不明であり、これが没収されるとなると、わざわざ生活保護費の受給中に仮想通貨を買って保有するということにメリットは何もないといっていいでしょう。

隠しても調査でバレることによるペナルティは重いため申告は正直に、仮想通貨で儲けて保護費を不正に受給し続けるというような、良くないことを考えるのはやめなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です