暗号通貨への投資は【新しい可能性】に対して投資をすることだ

今回の記事では仮想通貨への投資に対する私の意見を書いてみようと思います。

私が思うに、仮想通貨への投資は単なる投機とは違い、新しい可能性への投資、未来への投資だと思っています。

 

仮想通貨の価格が上昇したり、下落したりするのは需要と供給の関係で決まっていると思います。

芸能人や競馬と同じで人気投票により価値が決まっているイメージですね。

 

なんとなくみんなが買っていて、価値が上がっているから乗り遅れたくない。

みんなが話題にしているものは手に入れておいたほうが良さそうだし、面白そう。

 

こんな思惑が強く出ているのが最近の仮想通貨の盛り上がりに現れていると思います。

仮想通貨は人気投票で価格が決まる?

2017年からの仮想通貨の相場の加熱振りを見ていると、明らかに実態を伴っていないことが分かります。

2017年の初めの頃に20万円程度だったビットコインの価格は、2017年の12月には100倍以上の200万円という高値をつけました。

 

しかし、2018年1月になると大暴落を起こし、一気に62万円台まで落ち込むなど、ジェットコースターのような乱高下を繰り返しています。

 

ビットコインのチャート:ビットフライヤーより転載

ビットコインの価格につられて他の暗号通貨も激しく上下を繰り返しているので、相場に参入するのは火の中に飛び込むような状態となっています。

 

このように激しく価格が乱高下するのは、実態が伴っていない投機の状態だからだと考えることができます。

 

例えば、日本円やアメリカドルのような国が価値を保証していて、実態が伴っている通貨は一年で100倍になったり、1ヶ月で100万円も価格が動くことはありません。

ビットコインなどの暗号通貨は実態が伴っていないからこそ、いわゆる人気投票のような状態であり、だれかが「ヤバイ」と叫ぶとそれに合わせて一斉に価値が下落するといったことがあるのです。

 

ちょっと例えが悪いかもしれませんが、一発屋のお笑い芸人の状況と似ているかもしれません。

 

みんながちやほやしているうちは、休むまもなく仕事が舞い込み、月収1000万円といったありえない収入を稼ぎ出す一方で、

ひとたび人気がなくなれば、全く仕事がなくなり、月収数万円という悲しい結末を迎えます。

 

最近だとニャンコスターという芸人さんがそのような状況になったのは記憶に新しいと思います。

仮想通貨はギャンブルなのか?

仮想通貨をただの人気投票ゲームだと捕らえると、正直なところ投資というよりは「投機」という感覚に近いと思います。

ギャンブルですね。

 

なぜ上がったり下がったりしているのかが分からない状態で、たとえ儲かっても原因が分からないので、次も儲けられるという保証がありません。

 

儲けるための手法や理論というものが通用しないとすれば完全に「運」のみによって勝敗が決まりますから、まさにギャンブルだと言えるでしょう。

 

暗号通貨をギャンブルだと思ってお金を投資するのは面白いかもしれませんが、非常にリスクが高いでしょう。

根拠が無い投資になるので、なぜ勝てているのか、なぜ負けたのかがわからないからです。

 

しかし、僕が思う仮想通貨の投資の本質は「未来の可能性への投資だと思っています。

仮想通貨の投資の本質は「未来の可能性への投資」

ビットコインやたの暗号通貨の価格の上下動を見ていると一見ギャンブルだと思ってしまいがちですが、

実は暗号通貨にもちゃんと性格や個性があります。

 

それはビットコインのマイニング欠点を克服したものや、ブロックチェーン技術を応用して全く新しい仕組みを持ったものなど、実に多彩な通貨があるのです。

将来銀行間同士の決済に使われることを目的として作られた「リップル」や、

ブロックチェーンの中に取引の履歴以外の情報を埋め込むことによって決済以外にも様々なサービスを可能にする「イーサリアム」といった通貨を筆頭に、暗号通貨ごとに性格や特徴がことなるのです。

 

ちょうど株式投資をするときに企業ごとに特徴があるのと似ているかもしれません。

 

株式も新規上場銘柄を扱う東証マザーズなどでは価格は乱高下していますし、実態を伴わない激しい値動きも日常的に起こっています。

しかし、企業がしっかりと利益を出したり、財務体制やビジネスモデルが優良だと認められれば、次第に値動きも落ち着きますし、東証2部や、東証1部といった名だたる優良企業が名を連ねる市場へ格上げされます。

 

リップルやイーサリアムといったビットコインとは異なる「目的を持った仮想通貨」に投資をすることは、将来新しい仕組みを生み出したり、世の中のシステムを変えていくと思えるものの可能性に投資をすることだと思います。

そのため、仮想通貨への投資の本質は「将来こうなって欲しい」という可能性に対して投資をすることだと思います。

 

その可能性に価値を感じて、可能性に投資をして値上がりを期待するのが仮想通貨のトレードの基本戦略になるのではないかと思っていますし、

私自身も長期的な目線で可能性を感じる銘柄に投資をする投資手法を取っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です