日本のCCCのTポイントは仮想通貨なのか

日本のCCCが取り扱っているTポイントは仮想通貨なのか、知りたいと思っている方もいるのではないでしょうか?

実際、Q&Aサイトで質問をしている方もいます。回答している方もいますが、その方達は口をそろえてTポイントは仮想通貨ではないといっています。

ここではどのような立場をとるのかといいますと、Q&Aサイトの回答者の方と同じく、Tポイントカードは仮想通貨とはいえないのではないでしょうか?

 

理由としてあげることができる点は複数あります。

最も基本的なこと

ビットコインなどの仮想通貨は、仮想通貨交換業者で取り扱われています。

仮想通貨交換業者は日本だけでなく海外にも多数存在します。各交換業者で取り扱われている仮想通貨の銘柄数には違いがあり、海外の交換業者では100種類以上の銘柄を取り扱っているところも少なくありません。

もし、日本のCCCのTポイントが仮想通貨に該当するのであれば、国内外のどこかの交換業者で取り扱いがあるはずです。

ところが、わざわざする必要もないことではありますが、世界中どこの交換業者を調べてまわっても、Tポイントを取扱銘柄の中に含めている交換業者はありません。理由はシンプルで、Tポイントが仮想通貨ではないからです。

譲渡の可否

仮想通貨は仮想通貨交換業者の取引所内で別のユーザーと売買をするほか、販売所で仮想通貨交換業者と直接売買を行えます。

ほかの人にあげることも可能で、日本円に換金もできます。

これに対して日本のCCCのTポイントは、仮想通貨交換業者の取引所内でほかの取引所利用者と売買したり、販売所で仮想通貨交換業者と直接売買したりするのは無理です。

ま、仮想通貨交換業者の取引所や販売所の外でも、Tポイントを持っている人同士がカードを譲渡したり、貸し借りしたり、転売したりすることはできません。

カードの取り扱い会社の規約により禁止事項となっていることです。

なお定められた手続きを踏むことにより、Tポイントを日本円に換金は可能です。

交換レートの変動の有無

Tポイントは1ポイントあたり1円と交換レートが決まっています。

対して、仮想通貨は交換レートが絶えず変動しています。Aという銘柄が取得時には数量1あたり10円だったとしても、1分後には11円に上がったり、9円に下がったりということが起こるのです。

仮想通貨の場合、レートの変動により元金より得をしたり損をしたりすることがあります。

Tポイントの場合、10,000ポイントを保有していれば10,000円分のショッピングに使用が可能なだけです。

これに対し仮想通貨は数量1あたり1円の銘柄Aを10,000円分購入し、その銘柄の交換レートが10円に上昇すると、100,000円分のショッピングに使うことができます。

決済で使える場所

仮想通貨とTポイントは、決済で使用可能な場所に違いがあります。

Tポイントが仮想通貨なのであれば、仮想通貨での決済に対応しているところで使えて当然でしょう。

それが不可能ということで、日本のCCCのTポイントは仮想通貨ではないとできるのではないでしょうか。

なお、使える場所に関しては、仮想通貨は世界中で使えるのに対し、Tポイントは日本国内でしか使えないために仮想通貨ではないという情報があります。

たしかに以前ならTポイントは日本国内での使用にしか対応していませんでしたが、今は変わっています。

まだ世界中どこでもというわけではありませんが、日本人がよく観光やビジネスで行く国や地域を中心に使えるようになってきています。

有効期限の有無

Tポイントには有効期限が設定されています。

今後変更になる可能性は0ではありませんが、現状では最後に貯める、使う、交換するのどれかひとつのアクションをした日を出発点とし、1年間に定められているのです。

有効期限内に利用しなければ、Tポイントは失効する仕組みになっています。

しかし仮想通貨には基本的に有効期限がありません。取得した仮想通貨をいつまでに売却しなければいけないということはなく、ずっと保有したままでいても問題ありません。

基本的にとしているのは、信用取引に有効期限が設定されていることがあり、たとえば注文から30日に決まっているところでは期限切れで強制決済されることになります。

また、ずっと保有している銘柄が暴落して価値がまったくなくなった場合の損失は自分で負わなければいけません。

仮想通貨同士の交換の可否

先述のとおり、仮想通貨には数多くの銘柄があります。

現在、1,300銘柄以上あることがわかっています。そして仮想通貨の場合は、Aという銘柄でBという銘柄の購入が可能です。

海外の交換業者は、日本円での仮想通貨の購入は不可能で、仮想通貨でなければ仮想通貨を買うことができないところも珍しくありません。

一方Tポイントは仮想通貨ではありません。そのため交換業者の利用によりTポイントを消費し、仮想通貨を購入することは今のところは不可能です。

ただ、Tポイントではありませんが、獲得したポイントを仮想通貨に交換できるポイントサイトも存在します。

また、交換業者によっては口座の開設によりTポイントが付与されるサービスを実現させたところもあります。

仮想通貨と日本のCCCのTポイントには、主なものだけでもこれだけの違いがあります。

紙幣や硬貨のように形がなく、決済に使えるようなものは全て仮想通貨と思う方もいるでしょうが、似て非なるものと思っておいたほうが良いでしょう。

これは仮想通貨ではないかと思ったものが出てきたときには、仮想通貨法上の仮想通貨の定義にあてはまるかどうかチェックしてみるのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です