仮想通貨の販売所ってそもそも何?取引所とどう違うの?

仮想通貨の売買における販売所は、業者が顧客に仮想通貨を直接売買するところですね。
そして注文するとすぐに約定しますので、急いで売買したい時には便利ですよ。

仮想通貨の販売所ってそもそも何?取引所とどう違うの?

仮想通貨の販売所の業者は、いくつかの種類の仮想通貨のストックを持っているのが一般的です。

そして、その仮想通貨のストックから顧客に直接売ったり、逆に顧客から買い取ってストックしたりするんですね。同じ業者でも販売所と取引所を併設していることもありますので、仮想通貨の売買をする時には、今どこで取引しているのか自覚するのが大切でしょう。

なお、初心者の人にとっては販売所での取引の方がシンプルでスピーディーですからオススメです。それで取引に慣れてきたら、取引所を使ってみると良いでしょう。

販売所の取引の仕組み

販売所では、仮想通貨の売りあるいは買いを選択しますと、その時点での販売所側の買値あるいは売値が表示されます。

それでその表示価格でよければ注文します。注文するとすぐに約定するのが、販売所の良いところですね。

ただし販売所が表示する買値と売値は異なっているのが普通で、販売所の買値すなわち顧客にとっての売値は、売値すなわち顧客にとっての買値より安くなっているんですよ。

そのため仮想通貨を買った時点では、いきなり評価損になります。

それで販売所で買った仮想通貨は、その販売所内にある顧客専用のウォレットにとりあえず保管されるようです。

ただしハッキング等で仮想通貨が盗まれることもありますので、販売所のウォレットに多量の仮想通貨を置いておくのは危険でしょう。

販売所の特徴

販売所の特徴は、上記の取引がシンプルでスピーディーである他に扱っている仮想通貨の種類が多いところでしょう。

そして業者によっては販売所でしか売買できない仮想通貨も多いですね。上記の販売所が表示する買値と売値の差はスプレッドと呼ばれていますが、これが隠れている手数料にあたります。

大体ですが取引所の表示するスプレッドは、仮想通貨の種類にもよりますが、数パーセントから10パーセント位になります。そのため結構な手数料がかかっているのですね。

また業者によっては販売所のことを、ウォレットと呼んでいるところもあります。

販売所のメリット

販売所のメリットは繰り返しになりますが、アルトコインなどの取り扱いが多いことですね。それから初心者にとっては注文しやすいところでしょう。

注文から売買の確定まで速いですから、特に価格の変動が大きい時には利用価値が高いですね。

そして日本の場合には販売所が多いですから、複数の業者を使い分けられるところもいいですね。

例えば、ある販売所がダウンしている時でも他の販売所で売買できますので、取引機会を逃すことも少ないでしょう。

その他には仮想通貨の盗難などに対して、一定額の補償をしている販売所もありますよ。

販売所のデメリットは?

デメリットは上記のごとく手数料が高い販売所が多いところでしょう。

仮想通貨を買って手持ちにして長期間の値上がり益を期待するのでしたら、多少の手数料は利益で吸収できる可能性が高いと思われますね。

しかし売買を頻繁に行う人の場合は、手数料の負担が無視できないでしょう。

それからインターネットに継っていると、ハッキングあるいはウイルス感染等の脅威が常にあります。

これは販売所も例外ではなく、多額の仮想通貨を盗まれる事件がたまに起こりますね。

それで販売所のウォレットに入れておいた顧客の仮想通貨が消えてしまうんです。

これは自分のウォレットに移せば解決できるのですが、売りたい時にはどうしても販売所のウォレットに仮想通貨が必要ですから、痛し痒しですね。

長期戦で仮想通貨に投資するのでしたら、積立ができる販売所を利用すると良いでしょう。

逆に頻繁に売買するのでしたら取引所の方が向いていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA