仮想通貨って特徴で種類が分けられるってホント?

本来仮想通貨は、インターネット上の匿名性が高い状況で、低コストかつ時間のかからない決済に使われるのを想定して作られました。

ところが仮想通貨で使われている分散型管理のブロッチェーンが、仮想通貨の取引記録以外にも応用できる柔軟性があったため、色々に特徴のあるものが生まれてきましたね。

仮想通貨って特徴で種類が分けられるってホント?

仮想通貨を特徴で種類をわけるとすると、まずはインターネット上で通常の現金と同じに使える匿名性の高い通貨としての特徴をもつものがありますね。

次はブロックチェーンにプログラミングすることで、色々な使い方を提供できる仮想通貨でしょう。

その他には、オンラインストレージあるいはコンピューターの共同利用などに応用しようとする仮想通貨もあります。

もっとすごいのは、分散型取引所すなわち今ある中央集権型の取引所ではない、分散管理による匿名性の高い取引所で使える仮想通貨もありますよ。

通貨としての利便性を向上させた純粋な通貨グループは何がある?特徴は?

世界ではじめての仮想通貨のビットコインは、通貨として使われることの多い仮想通貨です。

これは買い物などに限らず、他の仮想通貨との交換、あるいはICOという資金調達などにも使われます。

他にもネムやライトコイン、日本製のモナコインなども通貨として使われることが多いようですね。

ビットコインを例に取ると、日本で買い物にビットコインを使うには、その多くがある取引所のシステムを利用しているので、その取引所にアカウントがないと使えないようです。

他の仮想通貨との交換も取引所を使うのが楽ですが、ウォレット同士でも不可能ではありませんよ。

開発者プラットフォーム系通貨グループは何がある?特徴は?

ビットコインは、ブロックチェーンを取引記録として使う純粋な通貨して生まれてきました。

しかし、ブロックチェーンにプログラムできるように設計したのがイーサリアムで、これの機能はスマートコントラクトと呼ばれています。そして世界初でしたね。

イーサリアムという仮想通貨は、スマートコントラクトを利用すれば、契約を勝手に実行できるプログラムを組めたりするんですね。

そしてもっと発展すると、分散型アプリケーションが作れちゃうそうですよ。

このような特徴のある仮想通貨には、ネオとかリスクなんかもありますね。

独自サービス系通貨グループは何がある?特徴は?

分散型ストレージのような発想をする人もいるようで、ブロックチェーンをストレージに応用して、そこで使われる仮想通貨もありますね。

例えば、シアコインという仮想通貨は、ストレージとして記憶容量を貸し出した個人等に対して、シアコインをあげているんですよ。

あるいは、コンピューターを使っていない時に、他の人に計算力を貸し出して、その対価として仮想通貨をもらえるのもあります。例えばゴーレムが知られていますね。

それから分散型取引所で使われる仮想通貨もあります。例えばウェーブスは分散型取引所のプラットフォームを提供して、そこでは匿名性の高い取引が可能になっています。

また、ウェーブスを支払えば自分の仮想通貨を作れて、もし買う人がいれば売れるかも知れないと言うのも夢がありますね。

そして、このような分散型取引所は、これから発展していくと思われますので注視したいものです。

最初はインターネット上の匿名性の高い決済に使われるために考えだされた仮想通貨ビットコインでしたが、イーサリアムが生まれて様相が一転してきたんですね。

それがスマートコントラクトという、日本語では洗練された契約とでもなるんですか。

これによって、仮想通貨は単なるインターネット上の通貨ではなく、想像もつかない応用の広いものになったんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です