世界初の仮想通貨ビットコインは特別な存在

日本円、米ドル、ユーロといった様々な法定通貨があるように、仮想通貨にもたくさんの種類があり、すでに1,300以上が発行されています。

ビットコインはそのたくさんある仮想通貨の1つです。他にもイーサリアム、リップルといった仮想通貨が世界中で取引されています。

数多くの仮想通貨の中でも世界初の仮想通貨であるビットコインは特別な存在です。

ビットコイン以外の全ての仮想通貨をまとめて「アルトコイン」と呼ぶ事はビットコインが特別であることを端的に示していると言って良いでしょう。

ビットコインから分裂した仮想通貨もアルトコイン

2017年8月1日に、ビットコインは分裂して新たに「ビットコインキャッシュ」、同年10月24日にも分裂して「ビットコインゴールド」が誕生しました。

今後もビットコインから分裂して、あなたの仮想通貨が誕生するとみられています。

 

ビットコインから分裂したビットコインキャッシュ、ビットコインゴールドには、仮想通貨に「ビットコイン」という言葉が使われています。

 

しかし、これらはビットコインではないので「アルトコイン」です。

投資を始めるならビットコインからが無難

仮想通貨投資を始めるにあたっては、ビットコインから始めるのが無難です。

株式や為替などの取引に比べて仮想通貨の情報が少ないですが、仮想通貨の王様と言えるビットコインは、

インターネットはもとより新聞等で報道される機会も多く、アルトコインに比べて圧倒的に情報が多いです。

 

そのため初心者でも比較的簡単に情報収集ができるのです。

 

投資は全て自己責任です。ただ「かかりそうだから」という理由で投資するのではなく、

その仮想通貨にはどんな特徴があり将来性があるのかを自分なりに判断することも重要です。

 

アルトコインってなに?

オルタナティブコイン(大体のコイン)の薬で、ビットコイン以外の仮想通貨の総称います。

代表的なアルトコインには、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップル、ライトコイン、モナコイン、リスクなどがある。

 

例えば、イーサリアムはアルトコインの代表格でビットコインに次ぐ規模を誇ります。

「スマートコントラクト」と言う過去に交わされた契約内容をネットワーク上で半永久的に保存できるのが最大の特徴です。

 

ほかにもリップルはネットワーク上の通貨を使っていろいろな通貨取引ができるシステムであり、単純な通貨としての機能異常の機能を持ちます。

将来的に値上がりが期待されている仮想通貨の1つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です