ブロックチェーンって何?円やドルなどの通貨とどう違うの?

今回の記事では代表的な仮想通貨の「ビットコイン」の例を中心にして、仮想通貨の仕組みについての知識をまとめてみたいと思います。

仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれている

仮想通貨を一言で言い表すとすれば「インターネット上で決済手段として用いられる暗号化された電子データ」ということになります。

このため、仮想通貨は「暗号通貨」と呼ぶのが正しいとする人もいて、ビットコインが最初に大衆の支持を得た仮想通貨ということになります。

「暗号化されたデータ」をさらに正確にいうと「取引データ記録がつながったもの」です。

これを「ブロックチェーン」と呼んでいます。

 

 

サトシ・ナカモト論文の登場:中央集権の仕組みから分散型の仕組みへ

以前こちらの記事でも紹介しましたが、ビットコインは決済という重要な情報を扱っていながら、主要な管理者が存在しません。

 

そのため中央の管理者がデータやシステムを一括で管理しているところへ、利用者がアクセスするなどしてサービスを受ける形態(クライアントサーバー方式)ではなく、

利用者の端末同士が直接つながり、取引の記録を分散共有している「P2P(Peer to Peer)方式」と呼ばれる仕組みを採用しています。

仮想通貨は、「サトシ・ナカモト」と名乗る謎の人物が2008年にインターネットのコミュニティー上で発表した

「Bitcoin A Peer-to-Peer Electronic Cash System」という論文から始まりました。

その理論に共感した多くの技術者たちの協力によってシステムが組まれ、翌年には最初の取引が行われています。

ビットコインの凄さは現在の送金の仕組みを思い浮かべてみるとわかると思います。

 

通常はお金をやり取りする人同士の間には、手渡しでもない限りは必ず第三者が間に入ります。

特にお互いを知らない者同士であれば余計にそうする必要があるでしょう。

不正がないように間に証明してくれる人を立てる必要があるからです。

 

ところがビットコインは仕組みによってそれを不要としたのです。

 

それが「プルーフ・オブ・ワーク」です。

「プルーフ・オブ・ワーク」は分散型取引システムの根幹となる仕組み

プルーフ・オブ・ワークには2つの目的があります。

まず1つ目は「取引の正当性をチェックすること」、もう一つは「記録の改ざん防止」です。

プルーフ・オブ・ワークとは、システム維持参加者(マイナー) に膨大な計算をさせることによって、

システムを維持する仕組みのことです。

計算自体は難しくはありませんが、効率的に計算できる数式などが存在しないため、

1、2、3、4 ・・・・というように数字を一つ一つ当てはめて適合するかどうかを確かめなければなりません。

値が合っていなければ最初からやり直しになるため、計算するには時間がとにかくかかります。

 

ビットコインでは、計算にSHA-256ハッシュ関数が使われています。
これはアメリカのNSA (国家安全保障局)によって設計された関数です。
プルーフ・オブ・ワークによって算出された前の取引のハッシュを次の取引記録に組み込むことによって、
記録同士の接続を強固なものにしています。
さらに、この作業を途切れなく行うことによって、「途中から割り込んでデータを書き換える」ということが事実上できないようにしています。
この作業が、ビットコインを取引の改ざんから守っているのです。
もし不正=取引台帳の改ざんをしようとするならば、それをチェーンを切ろうとするようなものです。
バレないようにするにはチェーンのすべて= P2Pでつながっている利用者の全端末に手を入れなければなりません。
どんどんチェーンが伸びていく中でこのような不正を行うのは、事実上不可能とされています。

ブロックチェーンの正体は取引の安全性を確保する仕組みのこと

これがビットコインのブロックチェーンという仕組みを使った取引の安全性を確保する仕組みなのです。

ただ、ビットコイン取引自体はその都度行われるわけではありません。

約10分間に1回、未処理の取引が一括処理で承認されています。この10分間が計算に当てられています。
こうして一括処理されたデータの塊=ブロックが鎖(チェーン)のように連なっていくのがブロックチェーンの名前の由来なんです。
ここまでの説明のように暗号化技術によって匿名性を保ちつつもプルーフ・オブ・ワークの仕組みによって透明性を保つ。
これが仮想通貨の根底にある技術です。
言葉を言い換えれば、ブロックチェーンは偽札の発行を不可能にする技術なんです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA