ビットコインはいつ生まれた?ナカモトサトシって誰?

正体不明のSatoshi Nakamoto氏は、2008年に分散型電子通貨に関するペーパーをインターネット上に公開したんです。
これが仮想通貨の理論的な支柱となって、2009年にはオープンソースのソフトウェアが開発されて、世界初の仮想通貨が登場したんですね。

仮想通貨はいつ生まれた?

2008年に発表されたペーパーは、英語で記述されたものでした。
これは日本語にも訳されていて、その題はビットコイン:P2P 電子通貨システムとなっています。

そして、このペーパーの中ではブロックチェーンをP2P電子通貨の取引台帳にする。

そしてブロックチェーンの改竄を防止するためにP2Pネットワークを使いハッシュ関数による演算量証明を利用するという斬新なアイデアが書かれていましたね。

このペーパーが発表されると、すぐに具体的な仮想通貨をつくるプロジェクトが立ち上がりました。

[clink url=”http://globalartinitiative.org/%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf%e3%82%92%e5%be%b9%e5%ba%95%e8%a7%a3%e8%aa%ac%ef%bc%81%e4%bb%ae%e6%83%b3%e9%80%9a%e8%b2%a8%e3%81%ae%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%b3/”]

そして、そのソフトウェアが2009年のはじめに公開されて、すぐにビットコインという世界初の仮想通貨の取引がはじまったんですよ。

仮想通貨はどうして生まれたのか?

Satoshi Nakamoto氏は、インターネット上で通常使われる現金のように匿名で使える電子通貨を作ろうとしたんですね。

そして、取引コストすなわち送金したりする時の手数料を極めて安くするという目標もあったんです。

ただ、銀行のような中央集権的な信頼性を担保する機関を使わないという考えもあって、

その解決策が上記のハッシュ関数による演算量証明の利用なんですね。

これは世界中の有志のコンピーターの計算力を使ってブロックチェーンにある仕掛けをすることで、事実上改竄をできなくするんです。

そしてコンピューターの計算力を提供することをマイニングと呼んでいます。

加えてマイニングに参加すると仮想通貨の報酬をいただけるんですよ。

こうして匿名性高く、信頼性も問題ない分散型の電子通貨が生まれたんです。

誰が考えたのか?

先述したように、最初の仮想通貨の理論的な基礎を発表して、後に具体的な仮想通貨の作成に関わったのはSatoshi Nakamotoという謎の人物です。

最初の仮想通貨は色々と問題もあったのですが、今でも一番多く取引されているんですね。

その後はブロックチェーンに工夫を凝らしたアルトコインと言われる新しい仮想通貨も作られるようになったんです。

例えば、イーサリアムという仮想通貨は、仮想通貨による資金集めをインターネット上で行って作られたと言われています。

これなどはチームでソフトウェアを開発したそうです。

そしてスマートコントラクトという仕組みをブロックチェーンに導入したのでも有名ですね。

ビットコインはなぜ人気があるのか?

世界初の仮想通貨は2009年に生まれたものの、最初に通貨として使われたのは2010年だと言われています。

そして徐々に取引が広がるようになって、取引所というところで仮想通貨と法定通貨の交換をするようになったんですね。

これで仮想通貨と法定通貨の交換率が一般にも知られるようになり、徐々に仮想通貨の価格も上がってきたんです。

 

やはり価格が上がるものは誰でも欲しいですから、人気になるのもわかるというものでしょう。

なにしろ世界初の仮想通貨は、最初の頃は1単位1円以下と言われていますが、

2017年には1単位200万円とかになったんです。

仮想通貨は何に使えるのか?

価値のある仮想通貨は少ないのですが、それらは3通りの使い方が考えられます。

一番わかり易いのは、仮想通貨を日本円などの法定通貨に交換することですね。

次はある仮想通貨を別の仮想通貨に交換することです。

そして仮想通貨で買い物などをするのが3番目というわけです。

 

特に3番目の通貨としての利用は、だんだんと使えるところが増えてきているのでクレジットカードの代わりになる日もくるかも知れないですね。

ただし日本の場合は、いずれの場合でも利益があれば課税されるので気をつけましょう。

仮想通貨は生まれてから10年も経っていないのですね。それに結構扱いが面倒なところも残っています。

しかし、技術的な発展が速いですから、もう少し時間が経つともっと使いやすくなって、

より多くの人に使われるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です