ビットコインなどの仮想通貨の取引手数料はどれぐらいかかるの?

仮想通貨の取引手数料は、取引所あるいは販売所によって色々です。
中にはマイナス手数料を導入しているところがあって、取引すると顧客が手数料をもらえるんですね。

仮想通貨の取引手数料はどれぐらいかかる?

仮想通貨の取引は、取引所あるいは販売所を利用するのが普通なんですね。
何故なら取引は相手が必要なので、その相手を見つけるためには個人の力だけでは難しいからですね。

取引所と言うのは売り買いしたい人を取引所のプラットフォームに集めて、そこで取引してもらう代わりに取引所は手数料をいただくのですね。
販売所はたくさんの仮想通貨の蓄えのある業者が相手となって、顧客に仮想通貨を売ったり、顧客から買ったりするところです。

そして販売所の場合は、表面的な手数料は無料のところがほとんどですよ。しかし後述するスプレッドがあるので、取引所より割高な隠れた手数料があるのですよ。

さて取引所の手数料ですが、これは取引所にもよるし、仮想通貨の種類にもよりますね。例えば代表的な仮想通貨のビットコインでしたら、不思議なことですがマイナス0.01パーセントから0.15パーセント位に散らばっています。

もちろん無料のところもありますよ。なおマイナスの手数料というのは、取引すると手数料を顧客が受け取れるという制度で、多分販売促進を狙っているのでしょう。

取引手数料が安い取引所や販売所はどこ?

マイナス手数料は、ザイフの取引所が有名ですね。

ビットコインの取引で0.01パーセントは少ないように見えますが、無料よりマシでしょう。ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインと呼ばれていますが、ザイフのアルトコインの取引手数料は、0からプラス0.3パーセント程度ですよ。

このような例外的な取引所以外では、常識的に手数料はプラスですね。

それでもビットコインだったら、0パーセントから0.15パーセント位が標準ですかね。アルトコインだと少し上がって0パーセントから0.3パーセント程度が多いですね。

ところでマイナスの手数料ですが、ザイフの他にも行っているところがあるみたいです。

ただ条件があって、それは注文方法によって違ってくるようなので、注文方法の話を簡単にしましょう。

取引所での仮想通貨の売買の注文の基本は、成行注文と指値注文なんです。成行注文は、その時の実勢価格で売り買いしますと言う注文方法で、売買の確定すなわち約定するのが比較的速いです。

一方で指値注文は、自分の指定した価格以上で売りたい、あるいは指定した価格以下で買いたい時にする注文方法なんです。これだと注文が約定するかは相場次第になるね。

このどちらの注文方法でも手数料をマイナスにしているのはザイフ、もう1つのところは指値注文だけマイナスにしているみたいだから、注意しましょう。

仮想通貨の取引にかかるスプレッドって何?

スプレッドは、販売所でよく使われている仮想通貨の販売方法ですね。

販売所は業者と顧客の一対一の取引で、業者側が示す価格で顧客が売買するんだね。
ところが業者側の示す価格が売値と買値で異なるんだよ。この売値と買値の価格差をスプレッドって言うんだね。

例えば、ある仮想通貨の業者側の売値言い換えると顧客側の買値が120としましょう。
そして買値これは顧客側の売値だけど110とすると何か変でしょう。この価格で顧客が買うには120を支払うわけですね。逆に顧客が売る時には110を受け取るのですよ。

すなわち、顧客が110で売って120で買うと、安く売って高く買うので顧客は損、一方業者は得になるような売買価格設定にしているんだよ。

この業者側の得の部分が販売所の利益、顧客側から見ると手数料になっているね。

上記の例だと業者側の110の売120の買なので、その差は10あるね。とりあえず110と120の半分の115でスプレッドの10を割ってみると10パーセント弱になる。
これが販売所の手数料と考えられるんですよ。先に述べた取引所の手数料と比べると高いのがわかると思います。

さて、ここでは取引所の手数料が高いことを強調しているみたいですが、実は取引所でも仮想通貨の種類によっては、格安の手数料のところもあるんです。

興味ある仮想通貨が格安の手数料の販売所で手に入るのなら、そこを利用してみる意味はありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です