ビットコインってどんな通貨?何で人気があるの?

2009年にビットコインが誕生して仮想通貨の時代がやってきました。

その後も様々な仮想通貨が生まれていますが、人気のある仮想通貨はある程度限られているんですよ。

ビットコインってどんな通貨?何で人気があるの?

ビットコインは世界ではじめての仮想通貨で、2010年に商品の対価として使用されたのも世界初でした。

やはりビットコインは先行者利益があって、ビットコインを扱っている取引所や販売所が多いため取引が活発ですね。

そして時価総額も仮想通貨の中で1番で、使い道が多いのもビットコインが人気の理由でしょう。

また、誕生から色々と苦境に陥った時期もあったのですが、それをはねのけて基本的に値上がりしてきているところも見逃せませんね。

 

リップルどんな通貨?何で人気があるの?

リップルは特殊な仮想通貨で、金融機関の決済に使われるのを目的として作られています。しかし、リップルの所有者にとって仮想通貨の仕組みより値上がり益が期待できるところが重要でしょう。

まずリップルの優位性をみてみると、リップル社が管理しているので安心感があります。そして世界の中央銀行や一般銀行と提携しているところも、これから普及が期待できるところでしょう。

それから時価総額も上位にあり、日本でも取り扱っている取引所があって購入しやすいですね。

これからのリップルは、この仮想通貨による銀行間の決済システムが構築されて、実際に使われるようになるかどうかでしょう。

いずれにしても、ここのところは人気のある仮想通貨の上位に位置していますよ。

ネム(NEM)どんな通貨?何で人気があるの?

ネムも少し変わった仮想通貨ですが、何故か日本では人気があります。

その理由の1つは、日本の大手の取引所が扱っているからでしょう。

そして特殊なハーベストと言う承認方法を採用しているので、これによってネムを沢山所有して使う人ほどネムをタダでもらえるところも人気の秘密かも知れません。

それからネムは値上がりしたとは言え、1通貨単位の価格がビットコインなどに比べると安いのも魅力にうつるのでしょう。

実際は1通貨単位ではなく、もっと小さい単位で取引できるのですが、仮想通貨の初心者には理解が及ばずに価格が安いほうが購入しやすいと考えてるんですかね。

モナコインどんな通貨?何で人気があるの?

海外で作られた仮想通貨が多い中で、モナコインは日本で作られたものなんですね。この辺に親近感がわいて人気になっているのでしょう。

それから、生まれてから数年経つモナコインですが、長い間結構安かったんですよ。

ところが有名な日本の取引所がモナコインの取り扱いを始めると、価格も上がってきてモナコイン長者が生まれたのも人気に拍車をかけたのではないでしょうか。

そしてモナコインが商品購入の支払いに使えるところが増えている点、それも同時に複数のところへ送金できる機能を備えていますね。

他にはSNSを使って簡単にあげたりもらったりできるところも人気の理由だと考えられます。

イーサリアムどんな通貨?何で人気があるの?

スマートコントラクト、すなわち自動的に契約を実行できるような機能を備えた最初の仮想通貨がイーサリアムです。時価総額はビットコインに次ぐ2番目で、流通も活発、使えるところも多いなど有力な仮想通貨ですよ。

もちろん扱っている日本の取引所等も多く、中には証拠金取引までできるところもあります。こうした仮想通貨の初心者から上級者まで取引しやすい点も人気のあるところでしょう。

ところで、イーサリアムは2017年の1年で価格が100倍になったのも目を引きます。

一旦は調整が入って値下がりしていますが、将来にも期待できますから、安い時期は購入するチャンスかもですね。

仮想通貨は、その構造で見ると色々違っています。

しかし、人気の面からは価格の上昇が1番影響していると考えられ、取引のしやすさも関係していますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です