デジタル通貨のSiacoin(シアコイン)ってなに?特徴や歴史、将来性を解説するよ

デジタル通貨は何かの決済に使われることを前提に作られることが多いのですが、Siacoin(シアコイン)はパソコンの空いている記憶容量の貸し借りを目的に作られたんですね。

記憶容量を貸せばSiacoin(シアコイン)をもらえ、借りればSiacoin(シアコイン)で支払うようになっているそうですよ。

デジタル通貨のSiacoin(シアコイン)ってなに?特徴や歴史、将来性を解説するよ

データの保存はクラウドサービスを使ってもできますが、コストが高くなる欠点があります。また、ハッキング等の恐れもゼロではないでしょう。

Siacoin(シアコイン)のプロジェクトは、データを世界中の空いている記憶装置に分散して記録しますので、ハッキング等の心配はほとんどないと言われています。そして利用コストも安くて月に100円程度だとされています。

いずれにしても記憶容量の貸し借りの需要は多いので、Siacoin(シアコイン)のプロジェクトの将来性は期待大でしょうね。

Siacoin(シアコイン)の歴史を紹介するよ

Siacoin(シアコイン)は通貨名がSCで、2015年に発行されました。発行当初は1SCが1円以下でしたが、その後は1円から3円程度で推移して2017年を迎えます。

2017年も夏に多少の値上がりをしたのですが、年末に暴騰しましたね。そして2018年初頭に10円を超える高値をつけました。しかし、そこからは値下がり基調になって、直近の価格は2円前後です。

なお、Siacoin(シアコイン)プロジェクトについては、2017年にアップデートされています。

Siacoin(シアコイン)はなぜ人気なの?

大容量データの保存は、クラウドサービスを使いますとコストやセキュリティ面で問題があると言われています。

Siacoin(シアコイン)プロジェクトは、ブロックチェーンによる分散記録をしているため、データの盗難の心配はほぼゼロだと言われています。

そして、コストも余りかからないところも合わせて人気なのでしょう。

一方、記憶容量を貸している人には、Siacoin(シアコイン)で報酬が支払われるのもいいですね。

Siacoin(シアコイン)は何がそんなに凄いのか?

データの分散管理と言うと、何か他人にデータの内容を見られるように感じます。しかし、Siacoin(シアコイン)のデータ保存は、ブロックチェーンの分散管理されたネットワークで行われ、かつ暗号化されています。

そして、その暗号化され分散しているデータは、秘密キーを持っている利用者しかアクセスできない仕組みになっているんですね。

また、1つの記憶装置にデータを入れておくと、それが壊れた時にはデータもなくなります。一方、Siacoin(シアコイン)によるデータ保存は分散されてるので、非常に安全に保存できるそうです。

Siacoin(シアコイン)のメリットとデメリットは?

Siacoin(シアコイン)のメリットは、低コストで安全にデータを保存できるところです。一方記憶装置を貸す方では、いくばくかの報酬が得られ点もいいですね。それから、マイニングでSiacoin(シアコイン)を得ることも容易なところもメリットでしょう。

 

それから、Siacoin(シアコイン)のウォレットは通貨のやり取りばかりでなく、記憶容量の貸し借り機能もついてるところも使いやすくていいですね。

ところが、日本ではSiacoin(シアコイン)を取り扱っている取引所がないところがデメリットです。

 

Siacoin(シアコイン)は発展途上のプロジェクトで、これからも何度もバージョンアップされると期待されていて、その度に使いやすくなるようです。

そのため、Siacoin(シアコイン)の価格も将来的に値上がりすると予測できますので、安い今が購入するチャンスかも知れませんね。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です