デジタル通貨ののライトコインってなに?特徴や歴史、将来性を解説するよ

2009年に生まれたビットコインは、取引の承認が遅いことや手数料が高い、そして1通貨単位の価格も高くて小数点以下の数量の取引がわかりにくいなどの欠点が、しばらくして目立つようになっていました。

そこで、これらの欠点を修正するように作られたデジタル通貨がライトコインなんですね。

デジタル通貨のライトコインってなに?特徴や歴史、将来性を解説するよ

ライトコインは先行するビットコインから派生したデジタル通貨です。通貨記号はLTCで1LTCは2万円程度ですね。そして上記のようにビットコインの使いづらいところを修正しています。

まずは取引の承認間隔をビットコインの4分の1程度の約2分半として承認時間を短縮していますね。そのため手数料もビットコインより安くなっているんです。

それから発行数量をビットコインより多い8400万枚と設定したので、1通貨単位の価格が抑えられています。そのため軽いコインとの意のライトコインと名付けられたそうです。

ライトコインの歴史を紹介するよ

ライトコインが生まれたのは、比較的古く2011年のことでした。

そして最初から決済通貨として使われることを念頭に作られていて、買い物に使えるところも増えていると言われています。また、海外にはライトコイン用のATMがあるそうですね。

価格面では、2017年に暴騰するまでは地味な動きをしていましたよ。ところが2017年中頃からのデジタル通貨の暴騰に釣られるようにライトコインも値を上げたのでした。

そして最高値は1LTCが4万円までいくも、その後は50パーセント程下げています。

ライトコインはなぜ人気なの?

ライトコインは日本でもソコソコ人気のあるデジタル通貨ですが、アメリカの方の人気が高いと言われています。理由としては、多くの顧客を持つ取引所がライトコインを扱っているのが大きいそうですね。

それから2017年までは目立たないライトコインでしたが、この年の後半の値上がり率がすばらしかったのも人気が加速した訳でしょう。

デジタル通貨の使い勝手としては、ビットコインより取引手数料が格段に安いこと、そして承認も速いことがあげられますね。それから使える店舗等が多いのもよいところです。

ライトコインは何がそんなに凄いのか?

ライトコインは、ビットコインがゴールドならシルバーで良いとの位置づけで開発されたデジタル通貨です。このような割り切りをしているところが凄いと思えますね。

また、発行枚数が多いので、以前だったら1LTCが1000円以下で買えたくらい凄かったんですよ。それは現在価格が2万円程度ですから、20倍以上の値上がりをしたことになり2年か3年前に仕込んでいれば大儲けでした。

それから新しいシステムのライトペイが構築されて、コレを使うとライトコインによる素早い決済が手数料なしで行えるそうです。

ライトコインのメリットとデメリットは?

ライトコインは日本の販売所でも扱っているので、手に入れやすいデジタル通貨ですね。特にGMOコインは取引手数料が安いのでオススメです。

それから上記のライトペイを使うと決済コストを恐ろしく低くできる点、あるいは海外ではカード発行もできるようでライトコインと法定通貨の交換をウォレットの中で行えるそうですよ。

デメリットはビットコインキャッシュが出てきたため、ライトコインの影が薄くなったところでしょう。元々ビットコインより使いやすい軽いデジタル通貨だったライトコインですが、直系のビットコインキャッシュの方に注目が集まってしまいました。

ライトコインは将来的にライトニングネットワークと言うものが稼働するとされています。
これは100円とかそれ以下の少額決済が低コスト、短時間で行えるそうですから期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です