どうしてビットコインなどの仮想通貨は値上がりするの?

仮想通貨は上がったり下がったりしながら、結果的に上昇傾向が続いています。
しかし、数多い仮想通貨の全部が値上がりしているのかと言われるとそうでもないんですね。

仮想通貨はなぜ値上がりするのか?

代表的な仮想通貨や有名なアルトコインは、発行当初からみれば全て値上りしています。

これは多分、知名度が上がってきてその仮想通貨を欲しい人が多くなったから、値上がりしたのでしょう。

いわゆる需要と供給の関係ですね。

 

それから、トークンと呼ばれる新しい仮想通貨を発行して、有名な仮想通貨と交換することで資金集めをする、

「ICO」が盛んになってきたのも関係していると思われます。

つまりトークンとの交換に使う仮想通貨の需要が多くなったからでしょう。

 

後は買いが買いを呼ぶと言うような相場独特の心理が働くのも、影響しているかも知れませんね。

仮想通貨はずっと値上がりするのか?

先のことはわかりません。

しかし、ある仮想通貨の値上がり率は、短期でみても2倍とか3倍はよくありますし、
少し長期的にみれば10倍や100倍あるいは千倍とか1万倍のような宝くじに匹敵する動きをしてきましたね。

さて、代表的仮想通貨については価格変動が以前より落ち着いてきていますので、
また値上がりするのかどうかはしばらく待ってみないとわかりません。

なにしろ2017年の秋からだけでも年末には5倍程度になって、そこから50パーセントから60パーセントの急落をしたものですから、
更に値上がりするには時間がかかると言う人もいますね。

仮想通貨はなぜ値下がりするのか?

仮想通貨が値下がりする時には、売りたい人が多いからなんでしょうね。

去年の大きな値下がり時には、ある国の政府が、仮想通貨の取引を禁止するとかの、

不正確な情報が流れたりしたからだとも言われています。

 

また、年末には代表的な仮想通貨がアメリカの有名な先物取引所に上場されるという日に向かって、

その仮想通貨が値上がりしましたが、上場された日を境に急落しました。

これなどは上場が達成されたことで、囃す意味がなくなったからかも知れません。

それから、仮想通貨は株式などと違って規制がほとんどないので、ウソの情報を流して値を釣り上げて高いところで売り抜ける悪い人もいるようですね。

 

こうなると下がるしかありません。

仮想通貨を買う人はどんな人か?

株式とか購入するには何十万円とか必要だったりしますね。

しかし、仮想通貨は手数料を別にすれば百円単位あるいは千円とかで購入できる気楽さがあります。

なので、仮想通貨に興味のある若い人がお小遣い程度の金額で買っていることも多いそうですよ。

そして仮想通貨の価格変動率が大きいところに目をつけている人は、結構大金を仮想通貨に投資しているそうですね。

最後に、長期的な値上がり期待で仮想通貨を持ち続けている人も少なからずいるようで、この人達は年単位で仮想通貨を見ているんでしょう。

仮想通貨は危なくないの?

はっきり言って、ほとんどの仮想通貨は危ないでしょう。なにしろ3つ位の仮想通貨で時価総額の80パーセント前後を占めているくらいですからね。

他の仮想通貨は、ほとんど流通していないか流通していてもごく僅かだと考えられます。

なにしろ流通していなければ、売りたい時に売れません。

そんなですから、仮想通貨を購入するのならお小遣いとかの範囲ですることでしょう。

もしお金を使いたくなかったら、「エアドロップ英語」ではair dropというタダで仮想通貨をもらえるのを利用するのも考えられますよ。

エアドロップはコミュニティなどに登録したりするだけで、そこの発行する仮想通貨が手にすることができますよ。

これならほとんど危なくないでしょう。

仮想通貨は価格の上下動が大きいので、損する人も多いと言われています。

特に慣れない人は急落した時に狼狽売りをしてしまいやすいそうですよ。

一方で急落した時に買っている人もいる訳で、こんな人は少なからず仮想通貨で利益をあげているみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です