そもそも仮想通貨とはなんなの?仮想通貨の仕組みってどうなってるの?

仮想通貨はcrypto currencyを日本語に訳したものとしてここでは扱うけど、本当は暗号通貨と訳す方が正確なんだそうだよ。

だけど何故か多くの人がcrypto currencyを仮想通貨と呼んでいるんだね。

そもそも仮想通貨とは?

パソコンでもスマホでもいいけどブラウザがあるね。それを起動させると上の方にURLを表示している部分があるでしょう。

そこの1番最初のところがhttpsで始まっているサイトは、暗号化された通信をしているので盗聴とかが難しいんだね。

この暗号化された通信はネットバンキングなどによく利用されているけど、そこで使われているのは、公開キー暗号という方法なんだそう。

そして公開キー暗号は色々なところで利用されていて、デジタル通貨の取引にも応用されているんだよ。

 

このような暗号化によって取引の安全性を確立し、その管理を行っている通貨を仮想通貨あるいは暗号通貨と言うんだね。

仮想通貨の仕組みってどうなってるの?

円やドルといった僕達が日常使っている通貨は支払ったり受け取ったりするけど、

このような取引を仮想通貨ではデジタルデータに記録するだけなんだね。

 

仮想通貨の場合は、鎖のようにつながった1つのデジタルデータを使っていて、それはブロックチェーンと呼ばれているんだよ。

ただ取引をブロックチェーンに記録するだけだと、ズルする人が出てくるかも知れない。

 

そのためにブロックチェーンにブロックと呼ばれる取引データが追加されると、コンピューターの計算力を使ってズルできないようにブロックにある仕掛けをするんだよ。

これでズルしようとする人は世界中のコンピューターを使ってもブロックチェーンを改ざんできなくなっているそうです。

それで、仮想通貨の特徴ってなんなの?

仮想通貨はブロックチェーンの記録そのものと言っていいけど、仮想通貨を持っている人はウォレットと言うところに入れておくんだよ。

ウォレットはネット上のものも使えるし、自分のパソコンやスマホ内に作ってもいい。

あるいは紙に印刷しておいてもいいんだね。とにかく色々あります。

 

そして、ウォレット内の仮想通貨は、アドレスと公開キー及び秘密キー、そして仮想通貨の数量という数字だけなんだね。

つまり、これらの数字、特に秘密キーが消えると仮想通貨も消えたと同じになるね。

この秘密キーを盗まれると仮想通貨も盗まれるから気をつけよう。

それから仮想通貨のやり取りはアドレスを使うんだけど、このアドレスを間違えると仮想通貨はどこか知らないところに行って2度と返ってこないので注意が必要です。

仮想通貨はどんなことに使えるの?

仮想通貨は種類が多いから、使えるものもあるし無価値のものもイッパイあるね。

代表的な仮想通貨だったら、他の仮想通貨を購入するときに使えたり、商品などの代金支払いに使えることもあるみたいです。

それから、誰かに仮想通貨をプレゼントすることもできます。

これはウォレットという仮想通貨専用の財布を使って仮想通貨を送ればいいんだけど、SNS経由で簡単にプレゼントできる仮想通貨もありますね。

仮想通貨のリスクはあるの?

仮想通貨の初心者だったらリスクだらけだと思った方が良いでしょう。

まず詐欺的な仮想通貨が多いこと、つまり無価値なのに騙して売りつけるなんてことがあるみたいだね。

それから、価格の変動が大きいので、儲かる時もあれは大損するときもあるよ。

 

後は秘密キーをなくしたり盗まれたりすると、仮想通貨が消えちゃう点もリスクかな。下手に仮想通貨で儲けると税金が待っているのもリスクだと言っておきましょう。

 

仮想通貨は数字だけでやり取りできるので、匿名性が高いのが大きな魅力ですが、リスクもありますので、管理には十分注意したいところです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です