【速報】与沢翼を笑って見てたけど仮想通貨で25億円の儲けを出して撤退した件

 

与沢翼さんが仮想通貨で25億円の儲けを出して、撤退したという話が出ています。

真実であれば誰もが羨むような話ではありますが、そもそもこの方が誰なのか把握していない方も多くいるのではないでしょうか?

 

また、話がウソではないとして、一体どの銘柄の通貨で莫大な利益を獲得したのかが知りたいという方もまた多いはずです。

今回は与沢翼さんに関する情報のほか、爆益をあげた銘柄の名前とその通貨の特徴について取り上げることにします。

与沢翼さんはいったい何者!?

仮想通貨だけでなく株やFX、アパレルや不動産、アフィリエイトなどいろいろな事業に参入し、実績を残している起業家、投資家です。

元は今でいうところの珍走団でしたが、アルファベットの勉強をはじめた9ヵ月後には日本の超難関大学に合格、その後若くして起業し大きな成功をおさめ、一時は12億円の年収があったという話もある人物です。

秒速で一億円稼ぐ男としてメディアでも取り上げられました。

ただ大きな成功を手にしながらも、税金の支払いができずに黒字で会社を潰してしまうなど変わった経歴を持っており、破産して何もかもなくしたといわれていた時期もありました。

仮想通貨に関しては冒頭で述べた25億円稼いで撤退の件がありますが、彼自身が推し保有していた銘柄の半分を売り、12億円以上の利益を確定したことは自身がインターネット上で情報を公開しています。

また、2億5,000万円で海外にある超高層ビルの一室を一括で買ったことなども明かしており、その贅沢な生活ぶりに注目が集まっている人物です。

与沢翼さんが儲けた仮想通貨の銘柄とは

仮想通貨はビットコインとビットコイン以外のアルトコインに大別され、銘柄は世界に1,300を超える数があるといわれています。

今後も銘柄数は増えていくという見方がされています。これだけの種類の多さがある中で、与沢翼さんが投資していた仮想通貨はリップルという銘柄です。

与沢翼さん自身、リップルの現状分析や未来のことに関してはネット上でよくつぶやいており、この人が将来性のある銘柄だと発言しているのであれば買っておけば儲かるかもしれないと感じ、仮想通貨の投資をはじめた方も多くいます。

ただ、リップルは与沢翼さんの影響で買った人も多いのですが、それを抜きにしても人気の高い銘柄です。リップルを保有している人やファンのことはリップラーとよばれています。

リップルはどのような特徴を持った仮想通貨なのか

リップルの仮想通貨としての表記はXRPで発行上限枚数は1,000億、2018年はじめの時価総額は3位と高順位に付けています。

送金に要する時間は最速で約4秒であることのほか、仮想通貨の将来性の重要な判断材料として、ブリッジ通貨としての使い道がある点をあげることができます。

たとえば日本の円をアメリカのドルに両替するとき、日本円でリップルを購入し、購入したリップルでアメリカのドルを購入することで、従来式の国際送金と比較して短時間で、安い手数料での両替が見込めます。

リップルは仮想通貨取引所のアカウントを所持していない人が使うことも想定されています。

これが実現するには銀行での標準採用が不可欠で、国内外の銀行でリップルが採用されれば日本やアメリカなどどの国の法定通貨への両替が迅速に安く、取引所のアカウントを所持していない人も含めて行なえるようになります。

実際、リップルは国内外の中央銀行を含めた金融機関で本格採用への動きが起こっている銘柄です。

リップルは購入しておいたほうがいい?

日本国内の仮想通貨交換業者でもリップルは購入することが可能です。

日本語非対応の海外の仮想通貨交換業者でないと買えない銘柄に比べると、外国語が苦手な人も買えるという意味で投資対象として仮想通貨をはじめるためのハードルが低いです。

ただ、リップルを取り扱っている国内の交換業者は手数料無料と有料のところがあるため注意しなければいけません。

頻繁に買い増しをしたいということであればとくに、無料の交換業者で口座を開設し、購入したほうがお得なのはいうまでもないです。

買っておいたほうが良いかどうかに関しては、リップルの特徴を十分に理解した上で期待できると思えるのであれば、購入しておいて良いでしょう。

自分が注目している、与沢翼さんのような影響力のある人の評価を見て買うかを決めるのも悪くありません。

ただ仮想通貨はどの銘柄を買っても、価格変動リスクがあるということは肝に銘じておく必要があります。

与沢翼さんや、彼が投資対象として選択し莫大な利益を得た仮想通貨の特徴について触れてきました。

この機会に与沢翼さんへの興味が増したということであれば、ネット上でのつぶやきなど彼が発信する情報に注目してみると良いでしょう。仮想通貨投資に役立つ有益な情報も得られるかもしれません。

またリップルについても興味が出た人は、より深堀りして投資対象とするか判断することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です